MUCC 2DAYS CIRCUIT Hypnos & Thanatos 渋谷AX

MUCC 2DAYS CIRCUIT Hypnos & Thanatos@渋谷AX二日目に参戦してきましたー!


ヒュプノス(眠りの神)とタナトス(死の神)をそれぞれコンセプトに掲げた2Days。
セトリも全く違うものになるため、
というか2Daysはそもそも二日行ってこそのセトリだと思いますが
平日は中々厳しいので二日目だけ参加\(^o^)/w

というわけで、続きはレポ。
安定のmixi日記の転載なので改行変ですすいませn





NHKホールのときに発表されたこのツアー。
唯一行ける距離にある新木場は平日だし、
今回は無理かなーっと思っていた頃の追加公演で、しかも土曜がある!
これは行かねばなるまいとFC先行でチケットゲット。
またディズオフ幹事メンの3人で行こうと3枚。
先行で狙える限度の4枚取って+ゆゆさん参加とかもワンチャンあるかなないかな。
二人とも予定を空けて付き合ってくれてありがとー!


16:00開場、17:00開演とのことで、
開場前にみんなグッズを買おうと14:00原宿駅集合としました。






当日。
大体13:50頃に原宿駅に着く。
いつ来ても原宿は人が多いですねー。最近はめっきり来なくなった気がしますが。
近くでフィギュアスケートもやってるようで、それを見に行くだろう人が多かったのかな。
ちらほらとライブTやサルエルを着た夢烏さんも目に付きました。
ここまで来ると自分の格好も違和感無く溶け込めて安心するな!
大した格好してないけど。サルエル自体最近はライブでしか履かなくなったもんなー。
しかし…上4枚は来てるのに何だか寒い…。
開場待ち時間も控えているというのに先行き不安である。


さて他の二人はっとLINEを確認。

パラノ「表参道口出てすぐのNEWDAYS前にいるよー。」

しおり「最短ルートが人身;;少し遅れます…。」

雨男「安定www…あれ俺も間に合うか心配になってきました(^p^)」


(うん、二人とも安定だな。)




雨男「本当は早めに着いてTSUTAYAでも寄りたかったんですが。
   最近気持ちに体がついていかなくて困りますね┐(´ー`)┌」

しおり「あ、それ分かる。」


(現在進行形で困っているのは私だ。)




待ち合わせ時間を5分くらいオーバーした頃にしおりさん到着。
人身はしょうがないし、ぷ遅刻はノーカンにしてもいいよ?^^
しかし人のこと「安定w」とか笑っていた雨男はどうした。
何でまだ来てないんだ。


雨男「表参道口って、渋谷ですか…?」

パラノ「原宿だってばw」

雨男「Uターンだ!」


何やってんのこの子w
別に会場行けるなら渋谷からでも構わないけどw
15分くらいだかなった頃に雨男くん到着。
黒ロングカーデに灰色サルエル。ライブ参戦衣装って大体同じになるよねw







歩いて渋谷AXへ。
来年5月だかでなくなってしまう渋谷AX。私まだ行った事なかった。
行った事あるの渋谷BOXXの方だった←
渋谷公会堂やNHKホール行く感じで向かえば分かるだろーと歩いて行くと
一発で目に付く大きな建物が。でっけぇ!!
とても立派なライブハウスじゃないですか。無くなってしまうなんて勿体無いですね。







入り口から敷地内に入ると夢烏さん達がたくさn…はいなかったけどそこそこいましたw
物販に並ぶも前10人ぐらいしかいない感じ。最近の物販列は拍子抜けだなーw
今度からはもう少し集合時間を開場時間に寄せてもいいかもしれんね。
自分はタナトスTとタオルとロバートストラップを購入。
雨男君はHALOTとタオルとイヤホンジャック。しおりさんはタオルのみを購入。


開場まではまだ時間あるし、着替えもしたかったのでしばし移動。
念の為コインロッカーを一つだけ確保しておきました。
しおりさんが買い物したいものがあるというので渋谷LOFTへ。
屋外は寒いが屋内は暑い今日この頃。
雨男くん共々2秒に1回のペースで「暑いw暑いw」言ってた。


しおりさんは買い物を済ませ、
雨パラはひっそりとトイレでライブTを着込んでLOFTを後に。やはり外は寒い。
これまたしおりさんが用事があったのでコンビニに寄り。
自分以外は軽く食事も取っていました。これから体力使うしな!
自分はしっかりお昼食べたから飴舐めてたぐらいだよ!
しおりさんを待つ間、『World's End』初回版に収録されている
デモグリラ(アルバム『シャングリラ』のデモ曲集)を聴いたという雨男くんの話。


雨男「ピュアブラックのデモ版あるじゃないですか。ジュリエット?」

パラノ「あぁーあれねw(察し」

雨男「あの曲の2番、「雨男(あまお)とジュリエット」ってYUKKE歌ってますよね!」

パラノ「俺もそうとしか聴こえないと思ってたwww」


実際何て言ってんだろうかw雨音ジュリエットでも変だし。甘男?w
デモグリラは1回聴けばいいかーって感じですが
結構雰囲気変わってる曲もあって面白かったですね。ゆるい感じがw
やっぱりもう完成版で聴き慣れてるから、
「よくぞここからあの状態まで仕上げてくれた!」と思うけど、
初めて聴いたのがこのデモ版だったらこれはこれで好きになってたんだろうなぁと思う。
ただやっぱり完成版が好き。






16:45くらいに再度会場へ。
さすがに会場敷地内にはたくさんの夢烏さん達が。
みんなどこに居たのかってぐらい。まぁ外寒いしねーw
外のコインロッカーに上着や荷物を預け、チケットとドリンク代500円を手に入場待機!


初めはいいものの風が吹くと寒く、徐々に体温が奪われていくw
震えながら「今日どんなセトリになってるかなー」とか話していると
しばらくして開場、入場が始まりました。
今回の整理番号はA280番台だったので割と早く入場ー!



真っ直ぐ移動しステージ真正面。
前から5列目ぐらい?割と前の方に行けましたー。
しおりさんがガンガン前に詰めようとしたから←


待ってる間に急遽始まるしりとり。何か最近ちょいちょいしりとりしてる気がするw
縛り無しだったのでずっと続いてましたね。
途中途中ムックの曲名が出てましたが、その時の雨男くんのドヤ声がウザかった(褒め言葉
「ライブ始まった瞬間自分の番だった人の負けねー。」と言いつつ
続けてましたが、「まもなく開演です。」のアナウンス後に
絶妙なタイミングで後ろから圧力がw一気にステージ近くまでみんな圧縮w
一体誰がGOサインを出したのやら…。


もはやしりとりなんてしてる場合じゃない!w
まもなくして暗転…、そしてライブ開演!!!


SEホムラウタが流れる中、ステージ全体に垂れ下がった幕の向こうに登場するメンバー。
こちらからはうっすらとシルエットが見える程度ですが
その影が揺れるたびに周りから歓声が。

全員登場し、SEが鳴り止むと同時に始まる演奏!




『MUCC 2DAYS CIRCUIT Hypnos & Thanatos 渋谷AX』
2013/11/09(土) セットリスト

01:World's End
02:大嫌い
03:茫然自失
04:絶望
05:塗り潰すなら臙脂
06:アゲハ
07:G.G.
08:WateR
09:HALO
10:ハニー
11:テリトリー
12:商業思想狂時代考偲曲
13:自演奴
14:咆哮
15:Mr.Liar
16:MAD YACK
17:蘭鋳

<<アンコール>>
18:ニルヴァーナ
19:謡声
20:フライト







1曲目は発売したばかりの新曲から!
ステージ全体に垂れ下がった幕がスクリーンとなって、PVが映し出されていました。
序盤モノクロ、途中から色鮮やかで見た目にも綺麗な今回のPV。
雰囲気の違った4つの小さな世界が、最終的にもっと大きな世界で繋がっているというようなPV。
逹瑯の羽根帽子が可愛い。茶色のコート?も可愛い。
CD初回版についているPVメイキングも見ましたけど逹瑯はホントお洒落さんですよね。
曲調も爽やかで取っ掛かり易い曲ですよねー。さすがアニメタイアップと言ったところ。
アニメはアレだけど…毎週頑張って見てるレベルだけど…何かもう慣れてきたよ←
ムックが主題歌歌うアニメはあんまりハマらない印象。いぬぼくはまだ良かった。
自分の位置からだとかなり見上げないと全体が見えないので
割とスクリーンの向こう側を見てました。
うっすらですが裏にいるメンバーが見える状態でしたし。
ただ一体いつこの幕は降りるんだろうかとドキドキしてましたw
そして結局降りないまま歌い終わるんかいっ!って思ったw



爽やかな空気を無かったことにするかの如く、急に赤黒く鈍い光を放つ照明。
YUKKEのベースから鳴るド低音で一気に空気が変わる。2曲目は『大嫌い』。
2曲目で『大嫌い』とかこのセトリは間違いなくこちらを殺しにきている(^p^)
スクリーンの後ろを揺ら揺らと歩き、時にはこちらを覗き込むような仕草の逹瑯。
一人見ては「嫌い…」、一人見ては「嫌い…」と品定めをしている様。
「あなたが大嫌いです」の終わりと共に響く激しい爆音と降ろされる幕!
Tanatos、死の神をタイトルに掲げたライブの本当の始まりはここからだと
言わんばかりに、場が一変したような気がしました。
今回メンバーの服装とかが全然記憶に無いw
逹瑯が赤いベレー帽みたいなの被ってて毛先が金髪になってるのしか覚えてない…。
YUKKEも相当近くで見れたはずなんだけどなー…。



勢いはそのままに3曲目へ!
もうイントロ前のミヤのギター煽りで『茫然自失』と分かるぐらい、ライブ定番な曲ですが、
「ハイハイハイハイ!」言いながらも気持ちは「暴れ曲続きパねぇ(^p^)」とヘタレ気味w
手を上げると下ろす隙間がないくらい密着し、みんな汗もだらだらw
久し振りにこんなバンドと観客全体がぶつかり合うようなライブに来たなーっと思いました。
もっしゅもっしゅ暑い!



照明が暗くなり青光りするライトの中、不穏な笑みを浮かべる逹瑯。
あーもうこの流れで『絶望』とか死刑確定ですわー(^p^)
聴けるのは嬉しいけど、「ここで来るとは…」という感じw休まる暇がないw
ヘドバンしようにもそのスペースすらあまりなく、
みんな後ろには反れるけど前はちょっとしか振れないw
近くで見れるのも嬉しいけど、逆にちょっと後ろから見た方が
自由にスペース使ってノれて楽しいかもしれませんねー(´ω`)
後、いつだかのライブの時はサビで縦ノリみたいになってたけど
今回は普通に手と頭振るような感じだった。こっちの方がしっくり。



5曲目『塗り潰すなら臙脂』。…確かにイントロ聴いた覚えがあるけど、
曲中の記憶がほとんど無いwww
好きなのに!好きなにぃ!w
何か…多分わちゃわちゃしてたんだと思う←
ラスサビの逹瑯の優しい歌声が好き。
カラオケで歌えるようになりたいなぁ。問題はデスボか。



ミヤの静かなギターソロから始まる6曲目は『アゲハ』。
おー、ここで聴けるとはって感じ。
事前に他会場のセトリもチラッと見てましたがやっぱり楽しみは残したいので
あんまり覚えないようにしてたんですよね。
ゴリゴリのイントロのギターが好きなんだよなー(^p^)
リズム隊も力強くて、心臓揺さぶられる感じ。



間髪入れずにお次は『G.G.』!
SATOちのドラムから始まるイントロで既にテンションが上がり、
その上がりきったテンションを更に突っ切ってくれる逹瑯の「らっはぁー!」が最高!
何気に逹瑯の手振りがエロイ曲。いや全体的に逹瑯の手振りは艶やかでエロイ。
『シャングリラ』曲は好きなので演ってくれて嬉しいですねー!
ノリノリで力一杯飛び、曲が終わった頃には軽く酸欠気味でしたw



08.WateR
逹瑯「SAY イェーーーーー!」 全員「イェーーーーー!」
逹瑯「SAY ウォーーーーー!」 全員「ウォーーーーー!」の掛け合いから始まる8曲目。
『World's End』通常版カップリング、『WateR』。
前にテレビのロック兄弟でDEANと班長と一緒にレコーディングしてたやつですね。
ファンクなノリで聴いているだけで自然と体が動く感じ。こういうの大好き。
ラスサビ前の間奏もカッコイイんですよねー。
どこでやったか記憶が定かじゃないけど、逹瑯が口に含んでこっちに向かって吹いた水が
ギリギリ目に入らない位置にかかったのは色んな意味で興奮した←



ここでMC。ムックでーす。
ムックのライブはモッシュありーのダイブありーので
色んなあれやそれが当たり当たられするかもしれないけど
まぁみんな仲良く楽しんで死んでいこうね的な話。
個人的にモッシュはまぁムックのライブレベルなら平気だけど
ダイバーは怖いかなぁ。ライブ映像で観てる分には良いけどw
やるならやるで身軽で危ない服装しなかったり靴脱いだりして欲しい。
ライブの風物詩と思う反面、やっぱりそれで怪我とかしてライブを
楽しめなくなる人が出る可能性の方が多いと思うしねー。
結局大事なのは個人個人のマナーですけどね!
色々あって色々良いけど、周りにも目を向けれるようにしたい。



MC明け一発目は『HALO』。
哀愁漂うメロディと、ギターリフで引っ張る力強いバンドサウンドが入り混じった曲。
バンドとしてのムックらしい曲と思える一曲である。
個人的にはヘイローとしか読めないしマスターチーフが第一に頭に浮かぶけど←
後、歌詞がNirvanaのアレっぽい。
逹瑯の「ギタァーーーっ!」で入るミヤのソロがかっこよかった!



SATOちのドラムに合わせてクラップするのが気持ち良い10曲目『ハニー』。
デモ版ではサビが「ハローハローハロー」になってましたねw
そんなに「ハロー」って使いたかったのかとw
「爆弾が落っこちてー」で空を仰ぎ見て落ちてくる爆弾をなぞるような逹瑯の振りが印象的。
間奏のヘドバンというか反復横飛びみたいなのも好きwやりたくなる気持ち分かるw
他の会場ではこの辺で『HALO』通常版カップリングの『Monroe』やったんですよねー。
そっち聴ける気満々だったのでこのチェンジは少し残念w
『Monroe』凄いメロディ綺麗で良い曲なのになー。
この日のセトリには合わない気もするのでしょうがないかー(´・ω・)



『HALO』初回版カップリングの『テリトリー』。個人的にはそんな好きでもない←
割とこう…自分はサビがハッキリとしてる分かりやすい曲が好きなのでw
ただ「ラビットダンサーPINK」のところで逹瑯が頭の上で
ウサギの耳をピクピクさせるような手振りが可愛かった。
後「ヘイ!」って言うのが楽しかったり、YUKKEのベースが結構際立つ曲なので
聴いてる分にはカッコイイと思いました。
あれ十分良い曲なんじゃね?←



ゆったりとした懐メロ風のイントロから一気に加速する、
ムックの曲の中でも上位の暴れ曲、12曲目は『商業思想狂時代考偲曲』。
逹瑯のツイストダンスも見れてもう気分はテケテケテケテケテケテケテケテケ。
人密着し過ぎてジャンプし難い状態だったけど
やっぱりノリ方が確立されてるライブ定番曲は楽しいですなー!



『World's End』初回版のカップリング、『自演奴』。
「じえんやつーwww」ではなく「じえんど」。「The End」。
わちゃわちゃした感じというか、みんな自由に馬鹿騒ぎ出来るような盛り上がり曲だと思う。
逹瑯は最近こんな感じの曲良く作ってるイメージ。
『約束』みたいなのもまた作っていいんだよ?!←



この流れで『咆哮』キターーー(゚∀゚)---!!
ハイ死んだー!ハイ今俺死んだよハイー!
うぉーぉーぉーーぉぉーぉぉぉーとみんなで合唱。楽しい。
どこだか忘れたけど曲と曲の間で逹瑯がすっげぇニヤーってしてたのが印象的だった。
赤黒いライトがバックに映える中だったので凄い悪い感じでw
それでも黄色い歓声を上げるのが夢烏なんですがねー←



照明が落ち、ステージバックで赤青緑のライトが光りだす中、静かに響くテクノ音。
15曲目は『Mr.Liar』。
逹瑯とミヤのツインボーカルがやっぱりカッコイイんですよねー。
今まで個人的に、ムックでカッコイイ曲No.1には『空と糸』を掲げていましたが
今となってはその座も『Mr.Liar』に取って代わっているかもしれないぐらい好き。大好き。
『G.G.』のときと同じくらい全力でノって飛んで、やはり最後は酸欠気味に←
いやーだって最後のサビで飛び跳ねるのが楽しいんだこれがw



SATOちのハイハットで軽快なリズムを刻んで始まる16曲目は『MAD YACK』。
やっぱり「Go To Fly High!」で飛ぶのが楽しい\(^o^)/
でもこの始まりは一瞬『堕落』や『サーカス』かとも思ってしまう。絶対無いけどw
この辺も暴れすぎてあんまり記憶が無いな…。
自分が心配になるレベルw



ラスト全員死のうかー!っと『蘭鋳』。ホントずっと走りっぱなしみたいなライブだ…。
あっという間過ぎて全然ラストという感じがしなかった。
周りも「えーw」とか「早いw」って言ってた。
間奏では全員一度座ってのSATOちの3カウントでヴォイッ!!
全員座るために結構下がったからジャンプしたと同時に一気にみんな前に詰めるw
最後まで全力で生きる!という思いでもがいてた感じがします。
タナトスに殺される!殺メまされる!←




メンバーみんな捌けてのアンコール!アンコール!
実際はドンドンハーイ!って感じのいつもの。
しおりさんはちょっと気分が悪いと一旦捌け。
雨男くんは…あーまだ前の方で頑張れてるなw
自分もまだまだ前の方ですが始め居た位置よりは下がってましたね。
しばらくすると戻ってくるしおりさんw良く戻って来れんなもう大丈夫なのかw
軽く酸欠気味だった様子。あんま無理のないようにな!
アンコールが続き、照明点灯。








アンコール明け。メンバー再登場。
みんなライブT着てたっけ…?これまた全然覚えてないw
逹瑯がHALOT着てたのは覚えてる。フリーサイズだけどあの長身にはぴったりだなー。
せっかくスタッフさんがYUKKEのマイクスタンドにピック追加してたのに
逹瑯が全部取って投げてたのは笑ったw
その前も勝手にYUKKEの取って投げてたよなwホントいじめっ子めw
後、YUKKEがまたペットボトル内に渦作ってた。





-MC


逹瑯
c0017999_13102682.png

 YUKKEが口を閉じて「んっパッ」と開いて音を鳴らすのが出来ないという話。
 観客みんなでパッパッしながら手を振る。
 さぞかしステージからは異様な光景だったことだろうw
 最終的にYUKKEもだいぶ出来るようになってたしw
 逹瑯のマイクスタンドを抜きつつのポンッってのも超自然だったなぁ。
 何かあの人大体何でも出来そうだなホント。



YUKKE
c0017999_13103669.png

 ………。
 ぜんっっっっっっっぜん覚えてない(^p^)www
 何かSATOちと鳥肉食いに行った話していたらしいですが
 そんなヒントもらっても全然思い出せないほどに覚えてないwww
 多分俺この時死んでたんじゃないかな…(遠い目



ミヤ
c0017999_13105298.png

 渋谷AX含めオリンピック招致でいろんな建物なくなっちゃうらしいねーという話。
 オリンピック始まったら競技見に行く?俺は観るならテレビでやらないの観たいとか。
 渋谷AXで初めてやったときのこと覚えてる?とか。
 メンバー同士で盛り上がってて楽屋でやれ的なトークだったw
 そして渋谷AXでの初ライブの話はみんな間違って覚えていたというw



SATOち
c0017999_1311577.png

 「食べる酸素」を手に入れたおかげで今日は最高のパフォーマンスが出来るぜ!って話。
 じゃあ今までは最高のパフォーマンス出来てなかったの?というメンバーからの突っ込み。
 やめてSATOち虐めないで反応が可愛いなホントw
 SATOちは大体毎回突っ込まれてる気がする←
 YUKKEとは別方向に弄られ愛されキャラだなホント…。







アンコール1曲目は『ニルヴァーナ』。
まだ割と疲れが癒えてない状態だったから、
イントロが鳴った瞬間の安堵感が半端なかった←
MC明けはだらーっとした感じで聴けるのがいいかもなーって思った。
ゆるい空気になるしね。この前の『Marry you』しかり。
合唱も出来るし綺麗なメロディだけどかっこいいし、聴いてて落ち着ける。
「さぁ」もカッコイイし。これ毎回言ってるな俺←



休む暇なんてないぞと続く曲は『謡声』!暴れ曲再開だー!\(^o^)/
ちょっと休んだことでむしろ増幅した体の重みを振り払う勢いでノりにノるw
もう何か変なアドレナリン的な何か変なドーパミン的な何かが分泌されてたと思う←
途中ダイバーさんの手でメガネをもぎ取られそうになったのは危なかった…。
ホント、メガネ族には危険な場所やわ…。ダイバー怖いよダイバー。



もう大体盛り上がり曲やり終わったよなぁ…っと思っていたところに『フライト』w
せやなwまだ全然あったわwラストのラストまでこれとかこりゃもう燃え尽きr…
モッシュもダイブもよくここまでもつなってくらいみんな全力で、
最後の最後まで盛り上がった感じ。夢烏は女の子多いのに体力あるよなー。
後の事なんか何も考えずに、音に身を任せ人に身を任せただただノってましたとさ。





ささっと捌ける逹瑯。
他メンバーのピック投げありーのスティック投げありーのあってライブ終演!



気付けば周りに一緒に来てた二人の姿がなかったので探す。
しおりさん発見。うん、大丈夫そう。
二人で探して雨男くん発見………オィィィ!メガネはどうしたぁぁぁっ!w
そういえばさっきスタッフにメガネを預けていた人がいたなような気がするなぁ…。
きっと落し物で届いてるはずだと置き場へ向かう。


入り口横の落し物置き場へ向かうと、ありました、ダンボールの中にメガネがw
しかも奇跡的にレンズも無事!MR無事!フレームも折れたりしてない!
ホント良かったなぁぁぁ!(;´∀`)=3
フレームに細かい傷が多々入っていたのは残念ですが、さすがにあれだけ人が密集した
ライブ会場の中でメガネ落としたら無事ではすまないだろうと思っていた分、
普通にかけれる状態で戻ってきたのは幸運だったことだろうw


拾って頂いた方、ありがとうございました!



ドリンクを引き換え一気飲みし、荷物を手に会場を後に。
寒い…くっそ寒い…。汗びっしょびしょだし、かといって着替える場所もないし、
震えつつの移動。そしてPARCOへ避難。
この時期にありえない量の汗をかいたライブTの面々がPARCOへ。
アウェー感しかない。
トイレでササッと汗拭いて着替え。


夕飯はまた移動して肉横丁ってところで食べましたー。
肉寿司が美味しかったな!
にく求丼(旧)には肉が入っていないということは一生心に刻んでおきたい。






その後はちょっと寄り道しつつの解散ー!



二人ともホントお疲れ様!
モッシュ&ダイブの洗礼も受けたし前回のNHKに比べて
断然きついライブだったことだろうwセトリも攻撃的だったしねー。


所々二人が楽しんでくれてるか心配でチラ見したり、
初めにもうちょっと後ろ目に居ようって言えばよかったなぁとか思ったりも
したけど、感想としては楽しめたと言ってくれて良かった。
まぁそりゃあ誘った本人目の前にしたらそう言うだろうけど←


懲りずにまた誘ったら来てくれると嬉しい\(^o^)/



ツアーはもう少し続きますしまた追加も発表されましたし、
まだこれから参戦される方は楽しんで死んできてくださいー!
俺はライブ前日からひいた風邪がようやく治り始めたぐらいです!←
後、体は全然未だに痛いです!整体行こう!


ヒュプノスのセトリも良いし、俺も両日行きたかったなー(´・ω・)
大阪の後にまたやらないかなーーーーーー!

次のライブも楽しみにする!
[PR]

by parano_knight | 2013-11-17 13:24 | LIVE

<< MUCC SIX NINE W... MUCC Tour 2013 ... >>