MUCC Tour 2012 "Shangri-La" Zepp Diver City

久しぶりのブログ更新、こんばんはパラノです(´・ω・`)ノ


この前のライブレポと思ったか!2012年のだよ!・・・・・・(;´_ゝ`)


※この日記は2012年末に下書きしていてずっと書きかけだったものです←
  この前のライブレポ書く前にこれをあげておかねば!\(^o^)/w
  というわけでちょっと時期的に変な部分あるかもしれませんがご了承を!w

  後またmixi日記の転載なので改行変だったらすいません(^p^)

-------------------------------------------------------------------





自分にとって今年最後のライブになるであろう
ムックのライブツアー今年のセミファイナルに行ってきましたー!w




FCの継続手続きを忘れていて気付いたら先行が終わっていたのですが、
何とかe+でチケット2枚ゲット。継続手続きはまたちゃんとしときました(;´ω`)
「あれー何か最近FCからメールこないなぁー気のせいかなー(゚∀゚)?」って思ってた←
FC先行チケとるぐらいしかFCに価値を見出していないのにそれを忘れるだなんて←
一般で買ったわけなので整理番号も良くなく、
今回はBの110番台でしたー。Aが1500人くらいいたのかな?
次はまた良番も取れるといいなー!次はちゃんとFC先行でとる!



そして毎回悩む同行者選び。
最近周りでもムック聴いてくれる人が増えたので
ライブ連れて行きたい人が多いんですよねぇ。
ライブで観たら絶対もっと好きになってくれると思うんだ!
超カッコイイかんね!超面白いかんね!超楽しいかんね!
かと言って3枚以上取るのも中々大変だしと悩みどころ。
今回も何人か声かけさせて頂きましたが
なんだかんだで今回もみんなの後輩ことマイミクのゆゆさんと行くことになりましたw
前回とても楽しんでもらえたのでまた連れて行きたいとは思ってましたが(´∀`)
「行けるーーー!」って返事貰いながら
「財布に2000円しか入っていないことに気づきました(;´0ω0)」と
言われたときはどうなることかと思ったけど来てくれて感謝!w



当日。
大体安定の真っ黒装備で出掛ける。色んなところが風で靡くよ!
私男だけどヒラヒラしてる服着るとテンション上がる。
いや、大体サルエルのせい。
今回もカバンには小さい赤もじゃムック詰めてました。
誰かお分かり頂けただろうか。
「さーテンション上がってきたライブ行くぞ−!」と意気込んで出発したのですが
出た早々風が強くて帰りたくなった・・・←
ちょ・・・おま・・・髪ボサボサェ・・・寒っ。
17:00開場、18:00開演とのことで、
安定の大井町乗り換えのりんかい線にて15:00に東京テレポート駅到着。
正確には15:00集合って言ってたけど10分くらいぷ遅刻した。さ、サーセン_( _´ω`)_



(珍しく)遅刻せずに来てたゆゆさんと合流しDiver Cityへ←
やはり風が強い・・・正直舐めてた・・・wちゃんと着込んでたのに寒いよちっくしょう!
会場に着くと物販待機列が前回と同じ感じで外まで並んでたのでそのまま出て最後尾に並ぶ。
前回は日差しの下で暑いって言ってたのになぁ・・・。寒ぃ寒ぃ・・・w←
日は出てたので風がなければまだ暖かかったと思うんですがもう風が半端ないw
ガクブル震えながら待ち、まぁでも今回も大体35分くらいでグッズ購入。早い。
今回も画像の通りTシャツとタオルを購入ー!ベティTは惹かれなかった!w



そそくさとトイレでライブTに着替え、
そのまま会場内(階段降りたとこ)のロッカーに荷物を預ける。
開場時間までは後1時間半ほど。荷物は何も無し。暇。
チケットとドリンク代500円玉を握り締めオシャレビルDiver Cityをうろつく我等。
も、もうちょっとお金出しとけば良かったな!←
時計もケータイも預けてたので時間も分からずw
とりあえず夢烏さんが多いところに居よう、とフードコート内の椅子に座って待つ。



―暇を持て余した我々の遊び

ゆ「パラノさんしりとりしましょう(*´0ω0`)」

パ「おーいいぞー。そっちからどうぞ(^p^)」

ゆ「じゃありんご!あ、何か縛りしますか?食べ物とかで(*´0ω0`)」

パ「おkおk。んじゃーゴマ(^p^)」


そうして始まった食べ物しりとり。
割と序盤でいきなり決着がつきそうになってたwら行がきついw
時間潰しが目的なので勝ち負けではなくとにかく続けることを目的にしてましたw
そんなしりとりハイライト。


ゆ「り・・・り・・・立派な・・・マツタケ(;´0ω0`)」
 →途中からこんな感じになってたwホントずっとやってたからね!w

パ「イ・・・イタリアンシェフの気まぐれサラダ(^p^)」
 →パスタも出せるよ!

ゆ「る、類を見ない大きさの・・・ホタテ(;´0ω0`)」
 →くっそwくっそ吹いたw見てみたいわw

パ「俺・・・もうホントにどうしようも無い時はリスも食べ物だと思うんだ・・・(;^p^)」
 →きっと駄目だ。

パ「ベーグル!」⇒ゆ「ルマンド(お菓子)」
 →多分一番輝いていた時。

パ「もうコアラ食っちゃうか!w」⇒ゆ「ちょwコアラのマーチでいいじゃないですかww」
 →あ・・・(^p^)

ゆ「湖池屋のポテトチップスのりしお!」⇒パ「それ湖池屋いらないだろw」
 →コンソメ美味しいよね!


他にも色々食べてたなぁ・・・w何だかんだ楽しみましたw
時間が分からなかったけど周りの夢烏さんが少しずつ移動を始めてたので
我等も会場の方へ。
整理番号A→2階指定席→整理番号Bの順番で入場だったので
これはまだ先だなと戻る。ちょっと外出たけど超寒かったーw
半袖のライブTで並んでる人もたくさんいたしあれ風邪ひきますよ(^p^)
自分も半袖ライブT着てたけどどうも寒すぎたのでベストとロングカーディガン着たままでしたw
やっと風邪治ったばっかですしおすs・・・。



しばらくしりとりしつつ、また何となく時間経った頃に会場へ。
だいぶ人も入った感じで、「よーし俺達も頑張って外並ぼうぜ!」っといざ外へ。
ちょうど整理番号Bの80番台ぐらいが呼び出されてたのですぐ入れましたー!
なんというベストタイミング。自分で自分が怖い(キリッ
ドリンク代と引き換え用のコインを受け取りそそくさと中へ。
割と後ろの方でしたが会場がそんな広くもないので自分は割と見える位置でしたねー。
真ん中に陣取って開演を待つ!



待ってる間もしりとり続けるw
暗転した瞬間に自分のターンだった人が負けね!ということでギリギリまでやってましたw
BGMで『MOTHER』のリミックス版が流れてましたねー。
あれノれてかっこよかったなぁ。何かに収録されるのだろうか。
後電気グルーヴの『シャングリラ』とかも流れてたねw
整理番号遅めで入ったせいかすぐ「まもなく開演です」のアナウンスになり。
しりとりもいよいよ佳境に←


パ「ば・・・ば・・・。Σ!馬肉は食べたけど、馬刺しは食べてなくね?!(^o^)」

ゆ「ぁーぐぬぬぅ(;´0ω0`)」

と言ったところで暗転w決定打「馬刺し」←



青い照明とダンスミュージックが鳴り始め、いよいよ開演ッ!





『MUCC Tour 2012 "Shangri-La" Zepp Diver City』
2012/12/08(土) セットリスト

01:Mr.Liar
02:ステラ
03:G.G.
04:アルカディア featuring DAISHI DANCE
05:ネガティブダンサー
06:ニルヴァーナ -Shangri-la edit-
07:ハニー
08:ピュアブラック
09:終着の鐘
10:夜空のクレパス
11:狂乱狂唱 〜21st Century Baby〜
12:絶望
13:風と太陽
14:ファズ
15:You&I
16:蘭鋳
17:シャングリラ

<<アンコール>>
18:Marry You
19:フライト
20:MAD YACK
21:MOTHER



湧き上がる歓声と共にメンバー登場!
SATOちー!今日も変わらずイケメンっぷりー!(゚∀゚)
YUKKEー!髪ピンク入ってるー!派手派手だなオイ!(゚∀゚)
ミヤー!髪半分赤い!超真っ赤!どうした派手だなオイ(゚∀゚)
たつろぉ"ぉ"ぉ"ぉ"ぉ"ぉ"う"っ!メイクバッチリ!ベレー帽が可愛く腕がモフモフ(゚∀゚)←


デスボと激しいギターから始まる1曲目は『Mr.Liar』。
アルバムの初めもライブの初めも飾るこの1曲、
初めてアルバムで聴いたときは
「ヤバイ・・・1曲目からこれとかこのアルバム楽しみすぎるんだが・・・」と思い、
ライブで聴いたときは「あぁもうこのライブ絶対カッコイイ事になるわ・・・」と確信させてくれる、
今のムックのクオリティを表した非常に攻撃的な曲じゃなかろうか\(^o^)/
デスボ多様な感じとか綺麗なメロディと激しいメロディが混ざり合う感じとか、
打ち込みがフィーチャーされた前回のアルバム『カルマ』とはガラッと変わった
バンドサウンド満載の出来!間のギターソロも超カッコイイ!


2曲目はライブDVD『鼓動-不完全版-』に収録された『ステラ』。
これがYUKKEが思わずレコーディングのときに「カッコイイ・・・」って言った曲だっけw
「ワァイ\(^o^)/」って掛け声が楽しい。
いや実際はこんな可愛い感じのワァイじゃないけどw
不完全版に収録された3曲はどれも印象違うけど、
どれもムックらしさがあってカッコイイですよねぇ。
その中でも一番攻撃的で激しいこの曲、サビはゆっくりだけど力強さが溢れている。
ステラ(別名バコパ)の花言葉である「小さな強さ」「忘れられた恋人」等が
歌詞にも感じられますね!


3曲目はSATOちの軽快なドラムから始まる『G.G.』!
もうコレはね!もうね!「ラッハァー!」が全てだと言っても過言ではn・・・か、過言か?←
PVでジャンプする感じとかもう大好きだしメチャクチャノれる!
逹瑯もノリノリでクネクネしてた気がする←
サビではみんなで合唱。「ファズ」とか「咆哮」みたいにライブ定番になりそうな気もしますねー。
ヘドバンも楽しいしギターソロもこれまたカッコイイし、
後「唇で絡め捕って」のとこの逹瑯の唇をなぞる仕草がエロイ。ラッハァー!←


4曲目は『アルカディア』。
まだそんなライブで多く聴いてないのでイントロ流れるとつい「おぉーw」って思っちゃうなw
一番打ち込み色の強いシングルだろうこの曲は
完全にライブ化けというかライブ映えする曲ですよね!
前奏もBメロからのサビも徐々に盛り上がってくる感じで縦ノリが最高に気持ちいい。
一瞬でライブハウスが完全にダンスフロアになる辺り
ムックの曲の幅広さが手に取れるようである。
壁に映った逹瑯の影が躍ってるように見えたけどあれは何か映してたのかな?
それとも角度的にそう見えただけ?
何かステージの逹瑯とは違った動きしてた気がしないでもないけど(´ω`)


5曲目は『ネガティブダンサー』!これ早くライブで聴きたかったんだー!
『MOTHER』の初回版カップリングでありながら
これだけでシングル化されててもおかしくないクオリティ。
まぁダンス曲だけどw掛け声で参加するところも多くてメチャクチャ楽しいですねーこれ(゚∀゚)
後この曲の歌詞が『ピュアブラック』に繋がってるんですよね?
まだ良く分かってないんですが←
初めて聴いたときはとりあえず「歌詞がぶっ飛んでるw」とか
「これがYUKKE曲だと・・・っw」と思ったものです。
凄い盛り上がれるしまた聴きたいなぁー!


6曲目は『ニルヴァーナ』。ちゃんとイントロちょっと長いEditバージョン。
イントロサビ後のミヤのギターがちょっとおぼつかない感じがしたwだが許す!←
凄くキャッチーなメロディだし普段V系聴かない人や
ムック知らない人にもお勧めしやすい曲ですよね。
メロが低くてサビが高いからカラオケで歌って布教するのが難しいけどな!w
ラスサビ前のところ合唱するとかも楽しい嬉しい。
そして安定の「さぁ」で胸ずっきゅんである(*´,_ゝ`)


7曲目は『ハニー』。イントロや間奏でタタンッッタンッとクラップでリズム取るのが気持ちいい!
ミヤの煽りもあったりするしサビとか凄い盛り上がりますよねー!叫べるところもあるし。
ライブで初聴きの状態だと微妙にサビにノるのが難しい気もしたけどw
最後に少しヘドバンタイムも待ってたしこれまたライブで聴くのが楽しい曲です。
ネタバレしない程度にチラ見した大阪・名古屋のライブレポで
楽しかったという感想が多かったのも頷ける!w


8曲目は『ピュアブラック』!キタ!YUKKE曲キタ!これで勝つる!
YUKKEがベースを持ち替え、『ファズ』でもくるかなと思ったところのコレ!
今回のアルバムの中でも凄いお気に入りの1曲です。カワイイしカッコイイ。
色鮮やかなライトがバックに映し出され、鳴り響くはジャジーなメロディ。
裏打ちの手拍子でノるのでちょっと難しいけど曲に身を委ねられる感じが凄く気持ちいい。
後、何と言っても逹瑯の仕草がもう何というか艶やかで超美人さん←
何かのインタビューで逹瑯は自分を「バンドと観客を繋ぐ橋渡し的な役割」だと言ってましたけど
ホントその仕草で曲を表現する力にホイホイ引き込まれちゃいます(◎∀◎)w
隣にいたゆゆさんもこれが一番気に入ってた様子でした!(◎∀◎)やったぜYUKKE!←


9曲目は『終着の鐘』。始まり方がとても印象的ですよね。でも歌詞は抽象的ですよね←
ホントはアルバム『極彩』に入れようと作っていたようで、長年の歳月を経て今の形で
完成したわけですが、作曲が逹瑯・ミヤ・YUKKEの合作というのも新しくて面白いですよね!
打ち込みも無くシンプルにバンドサウンドで仕上げているのも昔のムックらしさが出てて
凄く良い曲だと思います。この辺は完全聴くモードで曲の世界観に浸ってました!
まぁ厚着してて暑かったし疲れたしな!←


10曲目は『夜空のクレパス』。
この辺は2Daysで分けられるのかなと思ってたので聴けて嬉しかった!
これまた哀愁漂うメロディがとてもムックらしい曲。凄い好きです。
歌詞も最近は救われる感じのが多かったですがこれは終わりまで悲しいまま。
でも凄い綺麗な歌詞ですよねー。
綺麗なメロディに乗ってるから余計そう思うのかもしれませんが。
自分の好みど真ん中で嬉しい限りである!←
あまりライブの定番になるような曲じゃないし、
2013のシャングリラツアーでも聴いておきたい曲だ!


11曲目は『狂乱狂唱』!これまたライブどう演奏されるのかが楽しみだった曲である。
スモークが炊かれ視界が遮られたと思ったらうっすらと流れてくるイントロのメロディ。
ドラム横のでっかい箱?の上に聳え立つでっかい逹瑯の影w
もう「ウヒョーカッコイイー(*゚p゚)」って感じでしたw
ちょっとスモークの向こう側で乗り降り用の梯子が見えてたのは残念だけどw
見えるのはまだいいけど付け外ししてるところは見えない方が良かったなぁ。
曲は聴けば聴くほどハマる曲でした。
正直初めはサビがちょっと苦手だなって印象だったのですが
そんなことどうでもよくなるぐらい「Shut the fuck up. 狂乱狂唱ぉ"ぉ"ぉ"ぉ"ぉ"ぉ"」っと
サビで迫ってくるところがかっこよすぎる!(*´Д`*)ハァーン←
メロ終わりとサビ始めが被ってるからどう歌うんだろうと思ったけど
サビはみんなも歌うところなんだねーと納得。
しかし・・・凄い暴れる感じになりたいのに曲的にどうノるのが良いかが難しいw
爆発する感じじゃないしねー。
「ヴォ"ォ"ォ"ォ"ォ"ォ"ォ"ォ"」でヘドバンが一番のピークなのだろうか。
どうでもいいけど「見猿 聞か猿 Jesus Christ」って歌詞が好き←


12曲目は『絶望』!!(゚∀゚)!!
逹瑯に「死にたい?死んでくれる?」と煽られての
どこの会場でも古いの2曲ぐらいは演ってくれてるみたいですしねー。
Diver City1日目は何が来るかと思ったらこれですよ!やったねちょっと死んでくる←
ただちょっと気になったんだけど・・・『絶望』のサビって縦ノリだったっけ?w
こんなノリ方『カルマ』前もしてたんだっけかなぁ(^p^)あるぇ〜。
まぁ楽しいんだからいいし不満とかじゃホント全くないんだけど何か違和感があったw
歌詞どす暗いのにピョンピョンとんでるよーって感じが。まぁぶっ飛んではいるけど←
ライブDVD見直してくる・・・っ!


13曲目は『風と太陽』。ライブDVD『死生』収録の曲ですねー。
ムック初であろうタオル回し曲w楽しいでも冬だよ今wこれ夏の歌だろうよw
季節的に違和感はあるけど歌える部分もあるし盛り上がる曲ですよね。
前も書いたけど夏フェスとか野外で聴きたい!
みんなでタオル回すの気持ち良いなー( ゜∀゜)<ウオォーイェエー


14曲目は『ファズ』ー!言わずもがななライブ定番曲。ここでもやるかとは思ったけど←
まぁでも楽しいですよねーw歌うところもあるし縦ノリだし。
右手差し出したり手振ったり回したり叩いたり細かな振りもあるし
定番としてライブで毎回演っていった度に進化した曲な気がするw
今まで行ったライブでも大体聴いてる気がするなぁ。演りすぎ!許す!←


15曲目は『You&I』。SATOち曲らしい楽しい曲である!
『名も無き夢』系だよねー。高速阿波踊れるところもあるしワイワイ盛り上がれる!
個人的にはアルバムの中でそこまで好きな方ではないんだけども
ライブで聴くと全然良いです好きです←
最近こんな感じでノれる曲なかったし、貴重だw
後ウタウタイさんは声だけじゃなく愛も失くしてしまったんです?(´_ゝ`)カワイソス
まぁ言葉なんていらねぇよね!ほら!ラーラーラー←


16曲目はデレレレデレーンデンデンデンデデレレレレデレレレンデンデン!『蘭鋳』!
間奏ではみんな座ってSATOちのカウントでジャーンプ!
ZeppTokyoでライブ演ってたらしいナイトメアに届くようにと
DiverCityを揺らしてやりました(・∀・)w
今回自分がいた位置ではモッシュ起きなかったですねぇー(・3・)
目の前の柵を越えるだけでワチャワチャなってたので飛び込みたい気持ちもあったw
でも自分のペースとスペースをもってライブを楽しむのもまた良い!


17曲目、本編を〆るのは『シャングリラ』。
もうね・・・やばいよね・・・。アルバムで初めて聴いた時からこれには心を持ってかれた。
アルバム『シャングリラ』のエンドロール的な曲ということで
これはもう本編〆に来るだろうなというのは予想出来ましたが。
静かに始まるところで軽く手拍子が起きそうだったけど何とか静まって良かったw
静かに淡々と語りかけるようなメロ、綺麗なギターの音色、そして爆発するサビ。
叫ぶような力強い声で歌われるサビにはただただ圧倒されるばかり。
昔の曲のようで、でも確実に今だからこそ出来るであろう曲。
ミヤから逹瑯に歌い方の注文があったみたいだけど、凄いカッコイイ声だよねー!
メロの声作ってる感じはまぁ置いといて← ライブでは割と普通で良かった←
もうサビがかっこよくて迫力あって好き過ぎる!
こまけぇ感想なんてどうでもいいんだよってぐらいもうとにかくマジでカッコイイんスよー!
歌い終わった後の余韻にも息を呑みつつ、静かにメンバーは捌けていきました。





そしてアンコール!アンコール!
何か最近あんまり揃わないし声出ないしな気がするw
まぁ自分も喉カラカラであんまり声出せてないけども←



しばらくして照明が付き再度メンバー登場!



MCがあっての

18曲目は『Marry You』。
MC後のマッタリした空気のままいける曲がありますんでとコレですよ。
とにかく逹瑯の歌い方が可愛い曲w『風と太陽』も楽しそうに弾んでて可愛いけどw
これから夢烏は結婚式にこれを流すようになるんですね!
でもブーケ視点の結婚ソングって合うのだろうかwまぁでも面白いよねーw
初め聴いた時は花嫁に片思いしてる男の歌かと思って、
「何て明るい曲調なのに切ない歌なんだ・・・」と思ったものである。
そしたら最後でキャッチされて意味が分からなかったw


19曲目は『フライト』!
馬鹿みたいに盛り上がれる定番曲!
ダイバーさんもたくさん発生するもう爆発曲ですよね\(^o^)/
ここで聴けるとも思わなかったので楽しかったなぁー。
ゆゆさんも楽しそうで何よりでしたw


20曲目はアルバムの69曲目に『OMAKE』として収録されているボーナストラック、
『MAD YACK』。
オマケと言うには勿体無いレベルの暴れ曲。洋楽っぽいですよね。
Go To Fly High!で飛ぶのが楽しい←


ちなみにアルバムの14〜68曲目はタイトルが夢烏へのメッセージとなっており、
繋げるとこんな感じでしたね!
「追伸。ムックは無事15周年を迎えました。まだまだ15周年は続きます。
 これからも色んなことに挑戦しながらムックらしくいけるとこまで突っ走っていこうと思うので
 夢烏のみんな楽しみながら付いて来い!付いて来て頂戴!
 とりあえずアルバム完成して良かったー!(◎◎)/
 ムックとは逹瑯、ミヤ、YUKKE、SATOちからなる4人のロックバンドです!」

付いて行きますとも69周年目指して\(^o^)/w



そしてラストはこれまた新曲「MOTHER」で〆。
I LOVE YOU とか さよなら とか言ってた気がする。これまた大人しめ。
しかし曲調はバンドらしいというか、ロックバンドらしいバラードという感じがした。
かっこいいけど優しい感じ。まぁタイトルを見ればなるほどという感じか。
メンバー全員が掃けるまで拍手が続き、ライブは終わりました。










その後はドリンクを引換えそそくさと退場。
荷物も駅だし真っ直ぐ向かうことに。



途中の等身大ガンダムがライトアップされてて綺麗だった。
写真撮りたかったけど全部ロッカーの中ェ・・・w
まぁ今回はこれが目的じゃないしねwまたお台場来ることがあったらまたガンダムも見ようw


帰りもちょうど通りすがったゆきさんとご挨拶出来たり
自分は最寄り駅まで帰り道同じなゆゆさんと「ライブ良かったねー」と余韻に浸ったり
とても楽しめた一日でした\(^o^)/
これがあるからライブはまた行きたくなる!
ライブが始まる直前まではめんどくさいって気持ちが強いけどな!w




というわけでライブ参戦された皆様お疲れ様でしたー!
まだ今日もDiverCityやってるし、ツアーもこれからなので
他の会場のセトリやレポも楽しみにしたい\(^o^)/!


-------------------------------------------------------------------


やっぱりシャングリラの初ライブということで曲への感想に
力こもってるなぁ・・・←
これ先に上げとかないと感想被っても嫌だしな!
ちゃんとこの前のライブはこの前のライブでレポ書かないと!
明日通勤中読みながら復習しておこうっと←


さぁ頑張って書くぞー\(^o^)/w
[PR]

by parano_knight | 2013-04-01 21:59 | LIVE

<< MUCC Tour 2013 ... -MUCC 15th Anni... >>